MENU

超音波で脂肪が燃焼できるって本当?

私が愛用中のボニックには、筋肉を鍛えるEMSの他に脂肪を燃焼させると言われている超音波振動も行ってくれます。
しかし、脂肪の燃焼ができるなんて、目に見えるものではないから信じがたいと思いませんか?
実際に医療機関やエステでも使用されているのですが、超音波について納得いくまで調べてみました。

 

■脂肪細胞を破壊する
残念ながら、一度増えてしまった脂肪細胞が減少することはありません。
特に太ったり痩せたりのリバウンドを繰り返している方は、脂肪細胞が増え続けているので太りやすい体に変化しているのです。
しかし、脂肪細胞を小さくすることで、体を細くすることが可能です。

 

超音波は脂肪細胞にだけ反応をし、細かく破壊していきます。
大きく膨らんだシャボン玉を小さなシャボン玉に分裂させたとイメージしてください。
大きなままの脂肪細胞より、小さな脂肪細胞の方が凝縮されやすいです。
結果的に、見た目がスリムに変化します。

 

■基礎代謝をアップさせる
超音波振動を与えると、当てた場所が震えて熱を持ちます。
体が温まると基礎代謝がアップするので、カロリーの消費がしやすくなります。
体温が1度上がるだけでも約140kcalの消費ができるので、超音波を当てると有酸素運動をした時のような脂肪燃焼効果があります。
実際に脂肪が溶け出すのではなく、カロリー消費効果を上げるのに役に立つのが超音波というわけです。

 

低体温や冷え性の方は痩せにくいと言われていますが、超音波を使用することである程度は体温をアップできるのです。
結果的に体脂肪が減少し、くびれのある美しい体が手に入るのですね!